【危険】セレネース毎晩1錠(mgは忘れました)&(頓服でエビリファイ3mg)の副作…

【危険】セレネース毎晩1錠(mgは忘れました)&(頓服でエビリファイ3mg)の副作…

セレネース毎晩1錠(mgは忘れました)&(頓服でエビリファイ3mg)の副作…

セレネース毎晩1錠(mgは忘れました)&(頓服でエビリファイ3mg)の副作用がキツくてスルピリド毎晩1錠(mgは忘れました)(頓服でロラゼパム)に変更、 しかし母乳がひどく出てそこからエビリファイ毎晩3gと頓服でロラゼパムが効かなくて今はエビリファイ6mg頓服でルーラン4mgで落ち着いています。
精神科は病名を教えてくれないとネットに書いていましたが、私は鬱なのですか?それとも統合失調症なのですか??
症状は酷い時は、意味もなく泣きわめく、緊張状態が続く、記憶が飛ぶ、ちょっとのことでイライラする、脱力感、暴力、落ち着きがない
↑が落ち着いてからは
ちょっとのことでイライラする、イライラしたら暴力してしまう、記憶がちょっと飛ぶくらい
になりました。
多分これかな?ってぐらいのでいいのでわかる方いらっしゃいましたらお教えください。

患者は顧客です。
真実を知って下さい。
疑う心を持って下さい。



添付文書「エビリファイ」...アンサー

患者は顧客です。
真実を知って下さい。
疑う心を持って下さい。
添付文書「エビリファイ」
wwwinfopmdagojp/go/pack/1179045B1021_1_29/#WARNINGS
4 副作用
統合失調症
国内臨床試験において安全性解析の対象となった743例中、副作用が452例(608%)に認められた。主な副作用は、不眠(271%)、神経過敏(148%)、アカシジア(117%)、振 戦(手指振戦含む)(105%)、不 安(96%)、体重減少(92%)、筋強剛(63%)及び食欲不振(62%)であった。また、主な臨床検査値の異常変動はCK(CPK)上昇(137%)、プロラクチン低下(109%)及びALT(GPT)上昇(70%)であった。(承認時)
双極性障害における躁症状の改善
国内臨床試験及び国際共同試験において安全性解析の対象となった192例中(日本人87例を含む)、臨床検査値の異常を含む副作用が144例(日本人71例を含む)(750%)に認められた。主な副作用は、アカシジア(302%)、振戦(167%)、傾眠(125%)、寡動(109%)、流涎(104%)、不眠(99%)、体重増加(94%)、悪心(89%)、嘔吐(78%)及びジストニア(筋緊張異常)(52%)であった。(効能追加時)
(1)重大な副作用
1)悪性症候群(01%)
無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それにひきつづき発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発症時には、白血球の増加や血清C K ( C P K)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられることがある。なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡することがある。
2)遅発性ジスキネジア(01%)
長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合は減量又は中止を考慮すること。なお、投与中止後も症状が持続することがある。
3)麻痺性イレウス(01%)
腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)をきたし、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺があらわれた場合には、投与を中止すること。
4)アナフィラキシー(頻度不明 * )
アナフィラキシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
5)横紋筋融解症(01%)
横紋筋融解症があらわれることがあるので、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等に注意すること。
6)糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡(頻度不明*)
糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡から死亡に至るなどの致命的な経過をたどった症例が報告されているので、本剤投与中は口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感等の症状の発現に注意するとともに、血糖値の測定を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には、インスリン製剤の投与などの適切な処置を行うこと。(「2 重要な基本的注意D、F」の項参照)
7) 低血糖(頻度不明*)低血糖があらわれることがあるので、脱力感、 e 怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
8) 痙攣(04%)
痙攣があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
9) 無顆粒球症(頻度不明 * )、白血球減少(01%)
無顆粒球症、白血球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
10) 肺塞栓症、深部静脈血栓症(頻度不明* )
抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢の m痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。(「2 重要な基本的注意L」の項参照)
11) 肝機能障害(頻度不明*)
AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇等を伴う肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
7 小児等への投与
(1)
統合失調症、双極性障害における躁症状の改善、うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)の場合、低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない。)
(1)
小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の場合、低出生体重児、新生児、乳児又は6歳未満の幼児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない。)
10 その他の注意
(1)本剤による治療中原因不明の突然死が報告されている
以下、参考までに
Wikipedia「病気喧伝」
病気喧伝(びょうきけんでん Disease mongering)は、製薬会社や精神科医、また他の専門家あるいは消費者団体などが、市場を拡大するために、販売したり治療法を伝える目的で、病気の診断に用いる境界を拡大したり、そのような啓発を市民に宣伝することに対する、蔑称である[1]。例として、男性型脱毛症(AGA)や社交不安障害(SAD)が挙げられる[1]。典型的には「医師に相談を」で締めくくられる広告である[2][3]。
発達障害は本当に増えたと言えるのか?
石川 憲彦さん(児童精神科・小児科医)
wwwmammotv/interview/archives/no318html
クローズアップ現代
「薬漬けになりたくない 向精神薬を飲む子ども」
wwwnhkorjp/gendai/articles/3213/1html
地域精神保健福祉機構
「精神病の薬の離脱」
wwwcomhbonet/?page_id=10682
「夜回り先生こと水谷修氏 1220万人がこころの病抱えるニッポン 危険な精神科薬何種類も投与されるキケンな現実」
wwwzakzakcojp/smp/soc/news/170913/soc1709130035-s1html
「精神障がい者の平均余命は20年以上短い 東京大と支援団体が初調査」
平均年齢63歳、突然死が全体の3分の1、60%が糖尿病
wwwj-castcom/healthcare/2017/08/18306102html
「精神科医を問う」
blogsyahoocojp/kebichan55
市民の人権擁護の会
mfacebookcom/CCHRJapan/?refid=13
大阪精神医療人権センター
wwwpsy-jinken-osakaorg/talk/
薬害オンブズパーソン会議
wwwyakugaigrjp/bulletin/
精神科医療の身体拘束を考える会
wwwnorestraintorg
地域精神保健福祉機構
wwwcomhbonet
薬害研究センター
yakugai-kenkyucom
全国薬害被害者連絡協議会
hkrooo7jp/yakugai/
◆心の病で主治医が病名を告げないということはまずありません。
というより向精神薬をこんなに服用しているのに病名を知らずに治療しているのですか?
次回の診察で主治医にキチンとした病名を確かめてください。
同時に治療方針や主治医の考え方などを教えてもらってください。
自分がどのような状態にあるのかわからないでいるのは決して良いものではありません。
◆統合失調症の可能性が大ですね。
私はうつ病なのですが重度のうつ病に陥りエビリファイ3mgを本日より服用するようになりました。本来、この薬は統合失調症の患者さんに処方されます。
うつ病患者には通常エビリファイ3mgを服用させます。
このエビリファイと言うのは脳みその伝達分泌であるドーパミンがうまく機能できない為に神経と脳みそをつなぐ脳内アミノサン物質を調整し気分を安定させる薬です。なぜドーパミンが上手く調整できないのかそれは個人的な意見ですけど血圧とコレステロールが低いことに関連していると思います。
◆これ多分「分からない」てやつです。
病名が付けられない患者は結構います。
搬送されるような重い病状なのに病名を尋ねると、何なのか先生にもまだ分かってないと答える人がしばしばいます。
非定型精神病とか統合失調感情障害とか適当に付けられています。
◆こんばんは。
緊張状態が続く、
泣きわめく、
イライラする、暴力的、
脱力感、
記憶が飛ぶ…
この辺りから判断して乖離(解離)性障害か、統合失調症の緊張型、非定型精神病辺りかな?と思いました。うつ病や不安障害ではないと思います。
統合失調症にしては抗精神病薬が少なめかな?とも思いますし(治療のし始めはそんなものかも知れませんが)、また統合失調症の緊張型は昨今は国内ではあまり見られなくなっていますので違うかな?とも思うのですが…。
他の回答者さんがおっしゃる様に、最近では病名にこだわり過ぎずに症状で治療方針を決めることが多くなっている様です。
…以上は飽くまで素人である私が申していることですので、軽くご参考程度にとどめてください。
まずはお医者さんにご確認なさってください(お医者さんもまだ様子見段階で、診断を下せないのかも知れませんが)。
お大事になさってくださいね。
◆精神科って、病名じゃなくて症状が大事なんですよ。病名は分類にすぎない。貴方が書かれた症状では、少なくとも統合失調症ではないと思います(書かれていない症状がなければ)


質問タグ:エビリファイ,ロラゼパム,頓服,統合失調症,病名,www.comhbo.net,エビリファイ6mg頓服

【嘆】『被害妄想』を抑える薬として、『エビリファイ』がありますが。 私は…

『被害妄想』を抑える薬として、『エビリファイ』がありますが。 私は…

『被害妄想』を抑える薬として、『エビリファイ』がありますが。
私は、「服薬し、眠っている間に・・・。 」という薬が合わないようで、服薬すると、翌日、睡魔で、ボロボロになり、使い物にならない状態になってしまいます。
朝、服薬する『被害妄想』止めの薬がありましたら、教えてください。
『エビリファイ』を、半分に割ってみたりしましたが、睡魔が、やはり、ひどくて・・・。

エビリファイには、妄想という副作用があります。

どれくらい前から飲まれていますか。...アンサー

エビリファイには、妄想という副作用があります。
どれくらい前から飲まれていますか。
最近であれば、今すぐに辞めて下さい。
以下、副作用
添付文書「エビリファイ」
wwwinfopmdagojp/go/pack/1179045B1021_1_29/#WARNINGS
4 副作用
統合失調症
国内臨床試験において安全性解析の対象となった743例中、副作用が452例(608%)に認められた。主な副作用は、不眠(271%)、神経過敏(148%)、アカシジア(117%)、振 戦(手指振戦含む)(105%)、不 安(96%)、体重減少(92%)、筋強剛(63%)及び食欲不振(62%)であった。また、主な臨床検査値の異常変動はCK(CPK)上昇(137%)、プロラクチン低下(109%)及びALT(GPT)上昇(70%)であった。(承認時)
双極性障害における躁症状の改善
国内臨床試験及び国際共同試験において安全性解析の対象となった192例中(日本人87例を含む)、臨床検査値の異常を含む副作用が144例(日本人71例を含む)(750%)に認められた。主な副作用は、アカシジア(302%)、振戦(167%)、傾眠(125%)、寡動(109%)、流涎(104%)、不眠(99%)、体重増加(94%)、悪心(89%)、嘔吐(78%)及びジストニア(筋緊張異常)(52%)であった。(効能追加時)
(1)重大な副作用
1)悪性症候群(01%)
無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それにひきつづき発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発症時には、白血球の増加や血清C K ( C P K)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられることがある。なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡することがある。
2)遅発性ジスキネジア(01%)
長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合は減量又は中止を考慮すること。なお、投与中止後も症状が持続することがある。
3)麻痺性イレウス(01%)
腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)をきたし、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺があらわれた場合には、投与を中止すること。
4)アナフィラキシー(頻度不明 * )
アナフィラキシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
5)横紋筋融解症(01%)
横紋筋融解症があらわれることがあるので、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等に注意すること。
6)糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡(頻度不明*)
糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡から死亡に至るなどの致命的な経過をたどった症例が報告されているので、本剤投与中は口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感等の症状の発現に注意するとともに、血糖値の測定を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には、インスリン製剤の投与などの適切な処置を行うこと。(「2 重要な基本的注意D、F」の項参照)
7) 低血糖(頻度不明*)低血糖があらわれることがあるので、脱力感、 e 怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
8) 痙攣(04%)
痙攣があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
9) 無顆粒球症(頻度不明 * )、白血球減少(01%)
無顆粒球症、白血球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
10) 肺塞栓症、深部静脈血栓症(頻度不明* )
抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢の m痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。(「2 重要な基本的注意L」の項参照)
11) 肝機能障害(頻度不明*)
AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇等を伴う肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
7 小児等への投与
(1)
統合失調症、双極性障害における躁症状の改善、うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)の場合、低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない。)
(1)
小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の場合、低出生体重児、新生児、乳児又は6歳未満の幼児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない。)
10 その他の注意
(1)本剤による治療中原因不明の突然死が報告されている
以下、参考までに
Wikipedia「病気喧伝」
病気喧伝(びょうきけんでん Disease mongering)は、製薬会社や精神科医、また他の専門家あるいは消費者団体などが、市場を拡大するために、販売したり治療法を伝える目的で、病気の診断に用いる境界を拡大したり、そのような啓発を市民に宣伝することに対する、蔑称である[1]。例として、男性型脱毛症(AGA)や社交不安障害(SAD)が挙げられる[1]。典型的には「医師に相談を」で締めくくられる広告である[2][3]。
発達障害は本当に増えたと言えるのか?
石川 憲彦さん(児童精神科・小児科医)
wwwmammotv/interview/archives/no318html
クローズアップ現代
「薬漬けになりたくない 向精神薬を飲む子ども」
wwwnhkorjp/gendai/articles/3213/1html
地域精神保健福祉機構
「精神病の薬の離脱」
wwwcomhbonet/?page_id=10682
「夜回り先生こと水谷修氏 1220万人がこころの病抱えるニッポン 危険な精神科薬何種類も投与されるキケンな現実」
wwwzakzakcojp/smp/soc/news/170913/soc1709130035-s1html
「精神障がい者の平均余命は20年以上短い 東京大と支援団体が初調査」
平均年齢63歳、突然死が全体の3分の1、60%が糖尿病
wwwj-castcom/healthcare/2017/08/18306102html
「精神科医を問う」
blogsyahoocojp/kebichan55
市民の人権擁護の会
mfacebookcom/CCHRJapan/?refid=13
大阪精神医療人権センター
wwwpsy-jinken-osakaorg/talk/
薬害オンブズパーソン会議
wwwyakugaigrjp/bulletin/
精神科医療の身体拘束を考える会
wwwnorestraintorg
地域精神保健福祉機構
wwwcomhbonet
薬害研究センター
yakugai-kenkyucom
全国薬害被害者連絡協議会
hkrooo7jp/yakugai/
◆朝服用なら大丈夫なのですか?
、、朝でも効果は同じだと思えますけど。
合わないなら変えてもらうのもアリですが医師になぜ夜なのか、朝では駄目なのか、聞いてみないと分かりませんね。
◆エビリファイは効き目が穏やかな方ですが、服用量が多いということはないでしょうか? それとも服用しだして日が浅いとか。
リスパダールは試されたことがありますか? 妄想症状に効果があります。


質問タグ:エビリファイ,被害妄想,www.comhbo.net,睡魔,使い物,横紋筋融解症,C P K

【いいね】『被害妄想』を抑える薬として、『エビリファイ』がありますが。 私は…

『被害妄想』を抑える薬として、『エビリファイ』がありますが。 私は…

『被害妄想』を抑える薬として、『エビリファイ』がありますが。
私は、「服薬し、眠っている間に・・・。 」という薬が合わないようで、服薬すると、翌日、睡魔で、ボロボロになり、使い物にならない状態になってしまいます。
朝、服薬する『被害妄想』止めの薬がありましたら、教えてください。
『エビリファイ』を、半分に割ってみたりしましたが、睡魔が、やはり、ひどくて・・・。

エビリファイには、妄想という副作用があります。

どれくらい前から飲まれていますか。...アンサー

エビリファイには、妄想という副作用があります。
どれくらい前から飲まれていますか。
最近であれば、今すぐに辞めて下さい。
以下、副作用
添付文書「エビリファイ」
wwwinfopmdagojp/go/pack/1179045B1021_1_29/#WARNINGS
4 副作用
統合失調症
国内臨床試験において安全性解析の対象となった743例中、副作用が452例(608%)に認められた。主な副作用は、不眠(271%)、神経過敏(148%)、アカシジア(117%)、振 戦(手指振戦含む)(105%)、不 安(96%)、体重減少(92%)、筋強剛(63%)及び食欲不振(62%)であった。また、主な臨床検査値の異常変動はCK(CPK)上昇(137%)、プロラクチン低下(109%)及びALT(GPT)上昇(70%)であった。(承認時)
双極性障害における躁症状の改善
国内臨床試験及び国際共同試験において安全性解析の対象となった192例中(日本人87例を含む)、臨床検査値の異常を含む副作用が144例(日本人71例を含む)(750%)に認められた。主な副作用は、アカシジア(302%)、振戦(167%)、傾眠(125%)、寡動(109%)、流涎(104%)、不眠(99%)、体重増加(94%)、悪心(89%)、嘔吐(78%)及びジストニア(筋緊張異常)(52%)であった。(効能追加時)
(1)重大な副作用
1)悪性症候群(01%)
無動緘黙、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗等が発現し、それにひきつづき発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。本症発症時には、白血球の増加や血清C K ( C P K)の上昇がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下がみられることがある。なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へと移行し、死亡することがある。
2)遅発性ジスキネジア(01%)
長期投与により、口周部等の不随意運動があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合は減量又は中止を考慮すること。なお、投与中止後も症状が持続することがある。
3)麻痺性イレウス(01%)
腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)をきたし、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺があらわれた場合には、投与を中止すること。
4)アナフィラキシー(頻度不明 * )
アナフィラキシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
5)横紋筋融解症(01%)
横紋筋融解症があらわれることがあるので、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等に注意すること。
6)糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡(頻度不明*)
糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡から死亡に至るなどの致命的な経過をたどった症例が報告されているので、本剤投与中は口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感等の症状の発現に注意するとともに、血糖値の測定を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には、インスリン製剤の投与などの適切な処置を行うこと。(「2 重要な基本的注意D、F」の項参照)
7) 低血糖(頻度不明*)低血糖があらわれることがあるので、脱力感、 e 怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
8) 痙攣(04%)
痙攣があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
9) 無顆粒球症(頻度不明 * )、白血球減少(01%)
無顆粒球症、白血球減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
10) 肺塞栓症、深部静脈血栓症(頻度不明* )
抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢の m痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。(「2 重要な基本的注意L」の項参照)
11) 肝機能障害(頻度不明*)
AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇等を伴う肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
7 小児等への投与
(1)
統合失調症、双極性障害における躁症状の改善、うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)の場合、低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない。)
(1)
小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の場合、低出生体重児、新生児、乳児又は6歳未満の幼児に対する安全性は確立していない。(使用経験がない。)
10 その他の注意
(1)本剤による治療中原因不明の突然死が報告されている
以下、参考までに
Wikipedia「病気喧伝」
病気喧伝(びょうきけんでん Disease mongering)は、製薬会社や精神科医、また他の専門家あるいは消費者団体などが、市場を拡大するために、販売したり治療法を伝える目的で、病気の診断に用いる境界を拡大したり、そのような啓発を市民に宣伝することに対する、蔑称である[1]。例として、男性型脱毛症(AGA)や社交不安障害(SAD)が挙げられる[1]。典型的には「医師に相談を」で締めくくられる広告である[2][3]。
発達障害は本当に増えたと言えるのか?
石川 憲彦さん(児童精神科・小児科医)
wwwmammotv/interview/archives/no318html
クローズアップ現代
「薬漬けになりたくない 向精神薬を飲む子ども」
wwwnhkorjp/gendai/articles/3213/1html
地域精神保健福祉機構
「精神病の薬の離脱」
wwwcomhbonet/?page_id=10682
「夜回り先生こと水谷修氏 1220万人がこころの病抱えるニッポン 危険な精神科薬何種類も投与されるキケンな現実」
wwwzakzakcojp/smp/soc/news/170913/soc1709130035-s1html
「精神障がい者の平均余命は20年以上短い 東京大と支援団体が初調査」
平均年齢63歳、突然死が全体の3分の1、60%が糖尿病
wwwj-castcom/healthcare/2017/08/18306102html
「精神科医を問う」
blogsyahoocojp/kebichan55
市民の人権擁護の会
mfacebookcom/CCHRJapan/?refid=13
大阪精神医療人権センター
wwwpsy-jinken-osakaorg/talk/
薬害オンブズパーソン会議
wwwyakugaigrjp/bulletin/
精神科医療の身体拘束を考える会
wwwnorestraintorg
地域精神保健福祉機構
wwwcomhbonet
薬害研究センター
yakugai-kenkyucom
全国薬害被害者連絡協議会
hkrooo7jp/yakugai/
◆朝服用なら大丈夫なのですか?
、、朝でも効果は同じだと思えますけど。
合わないなら変えてもらうのもアリですが医師になぜ夜なのか、朝では駄目なのか、聞いてみないと分かりませんね。
◆エビリファイは効き目が穏やかな方ですが、服用量が多いということはないでしょうか? それとも服用しだして日が浅いとか。
リスパダールは試されたことがありますか? 妄想症状に効果があります。


質問タグ:エビリファイ,被害妄想,www.comhbo.net,睡魔,使い物,横紋筋融解症,C P K

コメント